ウクレレに はまっています

汗をかくことが、大嫌いな私が、

ひょんなことからテニスにはまり、

20年も熱中しました。

ところが、あんなに夢中になったテニスを

膝の不調で諦めざるを得なくなりました。

ポカンと空いた心の穴を何で埋めよう…と、

あれこれ探っていた時、図書館の掲示板に

ウクレレを始めませんか?」の文字を見つけました。

 

「これだ!」と思いました。

ウクレレは触ったことがないけれど、

学生時代にギターマンドリンクラブだったので、

アンサンブルの楽しさが、また味わえそうだと

ワクワクしました。

 

電話すると、練習日は一週間後にあるとのこと。

「続くかどうかわからないから、

見学に行ってからにしたら?」と家族に言われましたが、

我慢できず、すぐにヤフーオークション

新品の初心者用のソプラノ・ウクレレをゲット。

付録の教則本を頼りに、コードを4つだけ覚えて、

ドキドキしながら教室に向かいました。

そんな私を、生涯学習グループの年齢高めのお仲間が、

にこやかに迎えてくれました。

 

あれから40年! (いえ、きみまろさんではありません(*^_^*)

あれから4年!

すっかりウクレレにはまってしまいました。

ハワイアン・ソングから童謡、フォークソング

懐かしのムード歌謡、朝ドラのテーマソングなど、

ウクレレを弾きながら、大きな声で歌っています。

 

心と体の健康に、

これほどいいことが他にあるでしようか。

ウクレレを弾きながら歌っている時、

脳では、ものすごいことが起きていると思うのです。

大きな声で歌うことで、肺の機能も高まりますし、

ストレスも発散されます。

何よりも、友だちが増えて、世界が広がりました。

 

「趣味がなくて…」とか「毎日、することがない」と

いう人がいると、私は「ウクレレを始めたら?」と

勧めています。

全くの初心者が、一日の体験レッスンで

簡単な曲を弾けるようになるのを、何人も見てきました。

「音楽の才能がない」とか「楽器は苦手」という人こそ、
私はお勧めしたいのです。

入り口のハードルは低いけれど、奥は深い。

ウクレレは、そんな魅力的な楽器なのです。

 

月2回の教室では物足りなくなって、

ひと廻り大きいコンサート・ウクレレも購入して、

今年から、アンサンブルのできる教室にも入りました。

娘のような年齢の仲間もいて、

練習しないとついていけません。

うまく弾けないと辛いけれど、

そのプレッシャーも、日々の暮らしの

張り合いになっています。

 

f:id:majyonekosalon:20180630120137j:plain