https://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=358O9G+EWFKTU+2HOM+6G4HF&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2F0ea62065.34400275.0ea62066.204f04c0%2Fa19020173820_358O9G_EWFKTU_2HOM_6G4HF%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fwww.rakuten.co.jp%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252F

セキセイインコのハッピーの話

3年半前、ブルーのセキセイインコ

我が家に迎え、童話「幸せの青い鳥」にならって

ハッピーと名付けました。

 

実は、どちらかというと鳥は苦手だったのです。

無表情で何を考えているかわからないし、

意思の疎通などできないと思っていたからです。

猫派の私は、捨て猫だったトラネコのピピが死んでから、

もうペットは飼わないと決めていました。

でも、やっぱりペットのいる生活が懐かしくて、

うさぎとか、亀とか、いろいろ検討しましたが、

どうもピンときません。

兎は飼うのが難しそうだし、ハムスターは

寿命が短いし、亀は長生きするそうなので

最期まで世話することができないかもしれません。

そんな時、ショッピング・モールで

ハッピーに出会って、一目惚れしてしまいました。

 

飼ってみて初めてわかりました。

鳥は無表情どころか、実に表情豊かで、

そして、とても賢く用心深い生き物でした。

仕事をしていて、ふと気配を感じると、

ハッピーがじっとこちらの様子を見ています。

「おいで!」と言うと、待ってましたとばかりに

飛んできます。

仕事の邪魔をしないように待っていたんですね。

もう、健気で、たまりません。


鳥かごから出すと、ずっと肩に止まって
トイレにまでついてきてしまいます。
女の子は、あまりおしゃべりしないそうですが、
「ハッピーちゃん、だいじょうぶ?」
「ハッピーちゃん、おりこう!」などと
よくしゃべります。

 

お金のことを言うのは気がひけますが、

鳥の餌は300円も出せば、なかなかなくなりませんし、

豆苗はスーパーで100円で買えます。

先日、頭の毛が抜けるので

初めて動物病院に連れて行きましたが、

くすりを頂いて3240円でした。

(換羽と言って、夏に向けて羽が生え変わる時期で

心配ありませんでした。ホッ…。)

血統書付きのワンちゃんや猫ちゃんに比べたら、

安いものではないでしょうか。

 

知りませんでしたが、

今はセキセイインコがブームだそうですね。

賢くて、飼いやすくて。

f:id:majyonekosalon:20180710084432j:plain

上手に飼えば、14・5年は生きてくれるそうです。

今や、ハッピーのいない生活は考えられません。

その名の通り、ハッピーは

我が家にたくさんの幸せを運んでくれた

「幸せの青い鳥」でした。