https://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=358O9G+EWFKTU+2HOM+6G4HF&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2F0ea62065.34400275.0ea62066.204f04c0%2Fa19020173820_358O9G_EWFKTU_2HOM_6G4HF%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fwww.rakuten.co.jp%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252F

ジャンケン必勝法?

ジャンケンがめちゃくちゃ弱いことを自覚したのは、

テニスの仲間で、プレイの順番を決める時でした。

借りたコートは2面で、仲間は10人。

ダブルスなので、当然2人は順番待ちになります。

どういうわけか私は、この順番待ちの2人に、

ほぼ毎回といってもいいくらいの確率で入ってしまうのです。

まあ、順番待ちはいいとしても、なぜ私だけ

いつもドンべか、よくて後ろから二番目になるのか

不思議でなりませんでした。

 

グー、チョキ、パーが出る確率は、そんなに変わらないはずです。

「何かジャンケンの法則があるのかもしれない。

そんな研究をしたら面白いだろうな」と思っていたら、

何かの本に、グーやパーより、チョキは出しにくい、と書いてありました。

実際にやってみると、確かにその通りです。

その時、ふと私は、いつもパーを出していることに気付きました。

「ジャンケン!」と言うときは、グーの形をしていますよね。

「ポン!」と言うとき、私は何も考えず、反射的にパーを出していました。

みんなは私の癖を見抜いて、チョキを出していたんですね。

どおりで…。

 

「まあ、見てなさい。今までの私じゃないもんね。」

私は、反射的にパーを出さないように気を引き締めました。

そして、次は何を出そうか、ちゃんと考えるようになったのです。

その結果、簡単にドンべになるようなことはなくなりました。

それからもう一つ、いいことを発見しました。

これ、ナイショの話ですよ。

チョキを出すと、割と勝率がいいのです。

何故なら、以前の私のように、何にも考えず、

反射的にパーを出す人がいるからです。

 

でも、やっぱり、今もジャンケンは強くありません。

簡単には負けなくなったけれど、気合負けと言うか、

アイコが続こうものなら、心臓がバクバクしてきます。

ジャンケンに勝つには、「勝とう!」という気合が必要なんですね。

 

すみません。

あまり参考にならない「ジャンケン必勝法」でした。