あんパン クリームパン ジャムパン

私の住む街には、あちこちにおしゃれなパン屋さんがあります。
お気に入りのパン屋さんがあって、そこはバックヤードに喫茶室もあり、
無料のコーヒーを提供してくれるのです。
小さめのあんパンと、紙コップのコーヒーのひとりモーニングは、
ささやかですが、至福の時間です。

 

先日、友だちから「美味しいクリームパンの店、知らない?」と聞かれました。

入院中のお姉さんのお見舞いに、持参したいとのこと。

「シュークリームの美味しいお店は知っているけど...。」と私。

美味しいパン屋さんは、すぐ頭に浮かびましたが、

クリームパンを見かけた記憶がありません。

売っていたかもしれませんが、もともとクリームパン派ではないので

眼に入らなかったのでしょうか。

そう言えば、ジャムパンはどこへ行ったのでしょう。

げんこつの形をした、中に赤いジャムの入ったシンプルな菓子パン…。

 

ジャムパンには、幼い日の、ちょっと切ない思い出があります。

 通っていた幼稚園のすぐ隣に神社がありました。

ある時、園外学習だったか何かで、神社の境内にシートを敷いて

大勢の園児が座っていました。

先生が青空を指差して言いました。

「みなさーん、あの雲は何に見えますか?」

すると、「ヨット!」とか「ぞうさん!」とか「ひこーき!」とか、

いいろんな声が飛び交いました。

私は、げんこつの形をした雲を見つけて、得意げに言いました。

「ジャムパン!」

すると先生は、「まあ、●●ちゃんったら。」

そう言って、クククッと笑ったのです。

「ほんとね。」と同意して貰えるとばかり思っていた私は「???。」

もっと不思議だったのは、みんなも一緒にアハハと笑ったことでした。

 

なぜ笑われたのか何となくわかったのは、ずいぶん経ってからです。

きっと先生は、私がくいしんぼうだから雲がジャムパンに見えたと

思ったのでしょう。

そして、みんなが笑ったのは、先生が笑ったから、あまり意味も考えず、

つられて笑ったのではないでしょうか。

(違う見解がありましたら、ぜひ聞かせて下さいね。)

 

先生もみんなも、悪気なく笑ったのだと思います。

その時味わったであろう切ない気分は、もうすっかり消えました。

でも、5・6歳の記憶が、何十年経った今でも残っています。

子どもも、プライドを持ったひとりの人間なのだということを

改めて思ったことでした。