https://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=358O9G+EWFKTU+2HOM+6G4HF&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2F0ea62065.34400275.0ea62066.204f04c0%2Fa19020173820_358O9G_EWFKTU_2HOM_6G4HF%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fwww.rakuten.co.jp%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252F

50、60は女の華

「50、60は女の華。大きな花が咲くわよ。」

親しくしていただいた詩人・S先生の言葉です。

 

𠮟咤とも励ましともとれるこの言葉に、

40代だった私は、どんなに励まされたことでしょう。

つぎからつぎに言葉を紡ぎ出し、

エネルギッシュで、自信に満ち溢れ、

S先生から弱気な言葉は聞いた記憶がありません。

親子ほど歳の離れた私に、

いつも本音で、いろんなことを話してくださいました。

深夜まで、3時間も電話でしゃべったりしたものです。

 

こんなことがありました。

 ある時、先生の詩について意見を求められたので、

遠慮しながらモヤモヤと感想を言ったところ、

「何が言いたいの」と、厳しく追及されてしまいました。

逃げられなくなって、つい「詩として面白くない」と本音を言ったら、

「ああ、それで分かった。」と、見事なほど潔く追及が止みました。

作品に対して自負を持つこと、同時に謙虚でなければならないということを

学んだ出来事でした。

後日、軽くおかえしがありましたけれど(笑)

 

そんなS先生が70代の時、

私が「50,60は女の華という言葉に励まされました。」と言ったところ、

先生は嬉しそうに声を潜めて、

「それが、70になっても花が咲いたわよ。」と仰いました。

80歳を過ぎてから亡くなりましたが、生涯現役を貫かれました。

 S先生、80になっても花が咲きましたね。

 

「50、60は女の華。70になっても80になっても花が咲く」

歳を取ることが、ちょっぴり楽しくなる言葉だと思いませんか?

 大きな花でなくていいから、どんな花でもいいから、

私なりの花を咲かせてみたいものです。

でも、何も努力しないで花が咲くはずもなく…。