BS1スペシャル・喜劇「病は気から」に感動!

昨日、ビデオに撮ってあったBS1スペシャル・喜劇「病は気から」

という番組を観ました。

700人の高齢者による舞台の、本番までのドキュメンタリーです。

様々な人生を歩んできた700人が、それぞれの想いを

体全体で表現する姿は、圧倒的で、どんな名優の演技より

心を揺さぶられました。

 

ガンの治療中という70代の女性の、後遺症で腫れあがった片腕で

懸命に踊る姿…。

怒りの演技が出来ず悩む女性の、亡き夫の遺影に向かって

「なぜ先に死んだ!」と怒りの感情を爆発させていく姿…。

子どものころ、合唱の時間に「あなたは歌わなくてもいい」と

先生に言われたことがトラウマとなっている女性の、

歌いたいのに、どうしても発声ができなくて苦悶する姿…。

奥さんの看護をしながら、自らも腰に問題を抱えている80代の男性のダンス…。

様々な人生が、一つの舞台を創り上げていく様子は圧巻でした。

 

ラストは700人全員が舞台に立ち、踊りながら歌いました。

その一番後ろの端っこで、泣きながら歌っている女性がいました。

そうです、「あなたは歌わなくてもいい」と言われた、あの女性です。

ときおり声を詰まらせながら、晴れ晴れと顔を上げて歌う姿に、

もらい泣きしてしまいました。

本当に美しい姿でした。

 

「病は気から」というタイトルに、なぜ「喜劇」とついているのか。

そこに、製作者の深い意図があるのだと思いました。

生きる勇気を貰った番組でした。

再放送があったら、是非ご覧になって下さい。

 

誰の言葉でしたか、こんな言葉を思い出しました。

「病気になっても、病人にはならない」

ヘタレの私ですから、たぶん、いえ、おそらく

病人になってしまいそうです。

そうならないように、私の心の手帳に、

しっかりと書き留めました。