https://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=358O9G+EWFKTU+2HOM+6G4HF&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2F0ea62065.34400275.0ea62066.204f04c0%2Fa19020173820_358O9G_EWFKTU_2HOM_6G4HF%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fwww.rakuten.co.jp%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252F

新聞、取ってますか?

マンションの住人になって4か月。

だいぶん慣れましたが、まだ何かしら驚きや発見があります。

今朝は、新聞を取りにエレベーターに乗ったら、

セミの先客がいてギョッとしました。

一階までの何秒間の長かったこと…*1

 

朝刊を取りに行くのは、だいたい6時半ごろです。

その時間に取りに行くと、ほとんどの家の郵便受けは空っぽなので、

皆さん、ずいぶん早起きなんだなあ…と思っていました。

でも夕刊も同じなので、不思議に思っていました。

しばらくたってから、やっと気づきました。

新聞をとっているのは、我が家を含めて2・3軒だということに。

新聞を読まなくなったとは聞いていましたが、

これほどまでとは思いませんでした。

こじんまりしたマンションですが、若い家族や老夫婦、

独身らしい男性もいて、住人の構成は偏っているようには思えません。

新聞離れは本当だったんだ、と実感したことでした。

 

この話を、年配の友人に「びっくりしたわ~」と話したら、

「私も新聞取ってない」と言うではありませんか。

「歳を取って、新聞の後始末が大変になったから」と言うのです。

確かに、たまった新聞を古紙回収置き場に運ぶのは大変です。

ああ、こういう新聞離れの理由もあるんだな、と思いました。

さみしい話です。

 

私は、子どものころから、新聞が大好きでした。

読めない漢字があっても、意味が分からなくても、

興味があっても無くても、一面から順番に読みました。

今でも、ピシッと角がそろった新聞を開く時の快感は

何とも言えません。

 

昨日でしたか、新聞のコラムに、高校の国語が変わり、

文学が選択になると書いてありました。

これにはびっくり、と言うより悲しくなりました。

文学よりも、書類などの書き方を学ぶ方が
実用的だということなのでしょうか。

子どものころ、新しい教科書を貰うと、
その日のうちに国語の教科書は全部読んでしまったものです。
詩、文学作品、評論など、様々な形の文学に
触れることが出来たことは、しあわせなことだったと

この歳になってしみじみ思います。

 

すぐに生活に直結した情報ばかりが
役に立つとは思えません。

それは、文学にも新聞にも言えることだと思います。

私は新聞が大好きですが、

すみずみまで読んでいるわけではありません。

興味のないところは、斜め読みならまだいい方で、

ほとんどスルーしたりしています。

それでも、目の端にはひっかかっていて、

何かの時に「そうだったのか!」と思うことがあったりします。

詩や文学作品は、実用書のようにすぐに役立つものではありませんが、

深く心に沁み込んで、生きる力を育んでくれるものだと思います。

 

新聞など読まなくても、テレビでもラジオでもネットでも、

欲しい情報はすぐに手に入ります。

「だから、新聞は読まなくてもいい。」という意見があります。

確かに、欲しい情報だけなら、ネットやテレビは速いし、

しかもタダです。

正直言いますと、読むところがなかった夕刊をゴミにするとき、

4032円がもったいないなあ、と思う日もあります。

でも、関心がない、興味がないという理由だけで読まないのは、

もったいないし、危険だと思うのです。

 

新聞に書かれていることすべて、鵜呑みにしているつもりはありません。 

でも、私は、やっぱり新聞が好きです。

興味のない記事を斜め読みしながら、これからも新聞を取り続けるつもりです。

(私は新聞関係者ではありません。念のため)

 

 

 

 

 

*1:+_+